NEWS

広報PRのDX推進ツール「PRオートメーション」に 新たに“取材カード”機能を1月20日(水)より搭載

2021.01.20

~ リモート中でも取材・問い合わせ対応を効率的に蓄積・管理・共有! ~

広報PRのデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するプラップノード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:渡辺幸光、以下 プラップノード)は、広報PR業務をデジタル技術で変革するSaas型クラウドサービス「PRオートメーション」(https://pr-automation.jp/) に1月20日(水)より、新たに“取材カード”機能を搭載します。

「PRオートメーション」は、広報PR業務を自動化し、作業の効率化や、データに基づいて広報PRのプロセスと成果の見える化を実現するクラウド型のオールインワンツールです。新たに搭載する”取材カード”は、以下の3つの機能で、メディアからの問い合わせや取材対応履歴を蓄積し、より簡単、便利に一括管理することができます。

 

 

  1. 対応パイプライン

問合せ発生から露出確認に至るまでの一連の工程をパイプライン状に表示。案件の状況をひとめで把握します。また、ドラッグ&ドロップによるステータス変更で直感的に履歴管理ができます。

 

  1. 問合せアシスト

メディアからの依頼内容の種類に応じて、確認項目が変わる”問合せアシスト機能”を実装。広報入門者からベテランまで高品質なメディア対応をサポートします。

 

  1. 資料ストレージ

企画書や提供画像、インタビューノートや露出記事などのデータを、取材カードごとにアップロードして管理でき、データの散逸や捜索コストを大幅削減します。チームメンバーへの共有もこれまでより効率的になります。

 

この“取材カード機能”は多くの企業からご要望をいただいていた機能です。これからもお客様からのニーズを お伺いしながら、PR業務の省力化・見える化を実現する利便性の高いツールへと日々進化させてまいります。

プラップノードでは、これからもPRの知見とテクノロジーを基に、革新的なソリューションを開発・提供することで、企業のコミュニケーション活動におけるDXを推進してまいります。

 

【 本件に関するお問い合せ先 】

プラップノード株式会社 古川・伊藤
TEL:03-4570-3150
Mail:contact@pr-automation.jp

 

NEWS LIST